solar racking and tracking systems
事例ニュース
  • クリーンエネルギーを身近に:ソーラーカーポートの魅力|カセング
    クリーンエネルギーを身近に:ソーラーカーポートの魅力|カセング
    近年、日本では太陽光発電カーポートの導入が進んでいます。これは駐車場を有効活用しながら、クリーンエネルギーをつくる新しい取り組みとして注目されています。   ソーラーカーポート導入政策 日本では、再生可能エネルギーの普及が進んでおり、特にソーラーカーポートの導入が注目されています。2023年に政府は新たな政策を発表し、ソーラーカーポートの設置を促進するための補助金制度や税制優遇措置を拡充しました。商業施設や公共施設、一般住宅を対象に、設置コストの一部を補助し、導入のハードルを下げることを目的としています。また、自治体ごとの支援プログラムもあり、地域に適した導入支援が行われています。環境省は2024年4月23日から、会社の駐車場を活用したソーラーカーポートの導入経費の一部を補助する事業を公募開始し、補助対象経費の1/3(上限1億円)を支援します。   ソーラーカーポート導入のメリット ソーラーカーポートの導入にはさまざまなメリットがあります。 ①駐車スペースを有効活用し、土地の利用効率を向上させることができます。 ②日中に発電した電力を自家消費することで、電力料金を削減することが期待できます。特に電気自動車(EV)を所有している場合、カーポートで発電した電力を直接EVの充電に利用できるため、経済的なメリットが大きいです。 ③太陽光発電はクリーンエネルギーであり、CO2排出削減に貢献し、SDGs(持続可能な開発目標)にも寄与します。   カセンぐカーポート架台について カセンぐは、高品質な太陽光発電カーポート架台を提供しています。国内設計基準に準拠し、安全性と信頼性を確保。シンプルな構造ながら耐久性と強度が高く、施工時間も短縮可能です。さらに、様々な地理的条件や建物のデザインに柔軟に対応できるよう設計されており、個々のニーズに合わせたカスタマイズも可能です。   最近、山梨県でカセンぐの120KW防水型ソーラーカーポートが導入されました。黒色メッキ処理された架台が採用され、シンプルな構造で施工が簡単で、洗練されたデザインと堅牢な機能を兼ね備えています。さらに、栃木県の商業施設でもカセンぐのカーポートが導入され、設置容量は476.3KWです。顧客の要望に応じて架台全体を青色に塗装し、前脚なしで架台の支柱を後方に設置することで車の進入を容易にしました。 栃木県-476.3KW-ソーラーカーポート 山梨県-120KW-防水型ソーラーカーポート   カセングのソーラーカーポートは、設置のしやすさと高性能を兼ね備え、多様な設置場所に対応可能な製品です。各案件状況とご要望に合わせて最適な設計案をご提案しますので、ご興味のある方、ぜひお気軽にお問い合わせください。...
    - May 30, 2024
  • 効率的で持続可能な製造!工場における太陽光発電の導入
    効率的で持続可能な製造!工場における太陽光発電の導入
    近年の電気料金上昇は多くの企業に影響を与え、特に製造業の工場は課題に直面しています。そのため、工場に太陽光発電システムを設置することが注目されています。自家発電により電力の購入量を削減し、電力料金の軽減が期待されます。高圧・特別高圧の電力料金プランを利用すれば基本料金も低減可能です。これに加え、企業のブランドイメージ向上や工場の遮熱・断熱などのメリットもあります。   工場や倉庫の屋根は、比較的面積が広く折半屋根や遊休地、駐車地などソーラーパネルの設置に適しているケースが多いため、太陽光発電と非常に相性が良いとされています。     今年3月に完工した工場の太陽光発電案件では、遊休地と工場屋根のスペースを活用し、カセングのスクリュー杭架台と屋根用クランプを使用して設置されました。初期コストが課題とされる中、カセングのスクリュー杭基礎架台はプリアセンブリされており、工期の短縮と施工手間の削減に寄与します。また、jis認証済みのアルミ材の採用は高強度かつ耐食性に優れ、後期のメンテナンスが軽減されます。屋根用のクランプは、直付工法だからラック材不要、架台コストを削減できる一方、穴あけ不要で簡単に施工できます。   カセングは各案件状況に応じて最適な設計案を提案し、品質と信頼性に優れた太陽光発電を提供しますので、工場に太陽光発電を導入検討中の場合は、ぜひカセングお気軽にご相談ください。
    - Dec 21, 2023
  • 高緯度の高効率発電方式!北海道の垂直型太陽光架台案件|カセング
    高緯度の高効率発電方式!北海道の垂直型太陽光架台案件|カセング
    カセングの垂直型太陽光架台を採用した太陽光発電所が工事完了しました。当案件は、弊社初の海外向けの垂直型架台案件です。   当案件は、高緯度の北海道に位置します。ご存知のように、北海道は素晴らしい農産物だけでなく、長い冬と高い積雪量でも有名です。積雪は、太陽光パネルや架台に負担をかけるだけでなく、発電量低下もしくは0などのリスクもあります。当社の垂直型架台の採用により、積雪による負担や落ち葉などによる発電効率低下を完全に避けられますので、メンテナンスの手間を軽減できる一方、雪のアルベドも高いため、発電量を向上させます。     太陽光パネルの垂直設置はこれまでの概念を覆す設置方法です。パネル垂直設置の上で、太陽の直射光と反射光を受光する両面発電パネルを取り付ける事により、発電量の増加が期待できます。積雪の多い地域で太陽光発電を効率よく発電したい方などに利用しやすい方式の1つです。   それに、斜めや平置きの架台と違い、設置に必要な面積が狭く、モジュール間で南北にスペースを設けることができるため日照量も確保でき、耕作、放牧など土地の有効活用が可能です。そのために、太陽光発電における垂直設置は最近から流行っています。   2022年まで、日本市場架台累計出荷量は3GW、日本市場成長率7年連続NO.1となりました。カセングは、今後も「クリーンエネルギーで、よりいい地球環境を作る」をビジョンに、「安全性・信頼性・高効率発電・安心のメンテナンス」太陽光発電所を実現するように注力していき、お客様のために発電所のライフサイクルで最大の価値を得るようサポートします。
    - May 18, 2023
  • 山梨県の500KWソーラーシェアリングが稼働中|厦門カセング
    山梨県の500KWソーラーシェアリングが稼働中|厦門カセング
    再生可能エネルギー電気の固定価格買取制度(FIT)が導入されてから、国内には太陽光発電設備が急速に普及してきています。太陽光バブルとも言われるブームの裏で、営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)と呼ばれる一風変わった太陽光発電設備が増えてきました。今年初、厦門カセングの太陽光架台を採用したソーラーシェアリングが稼働開始となりました。     当案件は山梨県に位置し、設置容量は500KWです。設置地が山地にあるので、地形傾斜と酸性土壌は今回の架台設計にとって課題となっています。その土壌条件と現有の杭基礎に応じて、高い耐久性を備えた高品質なアルミソーラーシェアリング架台を提案しました。また、設置地の景観条例に基づいて、架台は黒色表面処理を施したので、実用性と美観性を兼ね備えています。   ソーラーシェアリングで農業+発電所として生まれ変わる事ができ、太陽光架台により農園のぶどうを雨から守り、また、支柱を沿ってつるを伸ばせることもできるので、1石2鳥といえます。   ワイドスパン構造と最適なアレイより、適度な日照条件を実現させる一方、農機をうまく稼働する空間も確保できます。   「カセングの対応スピードが速く、今回は専門な技術サポートをもらったおかげで、施工が無事に完成できました。太陽光発電は環境にやさしいので、発電所稼働後、発電効率を増加することができました。また収穫するとき、その嬉しさを皆さんに伝えます」とお客様がおっしゃいました。   2022年まで、日本市場架台累計出荷量は3GW、日本市場成長率7年連続NO.1となりました。カセングは、今後も「クリーンエネルギーで、よりいい地球環境を作る」をビジョンに、「安全性・信頼性・高効率発電・安心のメンテナンス」太陽光発電所を実現するように注力していき、お客様のために発電所のライフサイクルで最大の価値を得るようサポートします。
    - Apr 04, 2023
  • 宮城県で37MWのメガソーラー建設中 | カセング
    宮城県で37MWのメガソーラー建設中 | カセング
    近頃、カセングの太陽光架台を採用したメガソーラー案件工事が順調に進行しています。当案件は、宮城県に位置し、設置容量は37MWです。経済産業省から承認を受けた後、2022年8月より着工開始となり、2023年5月に工事完了する予定です。   設置地は全体的に起伏があるため、敷地の高低差に応じて、耐久性、安定性と柔軟な地形適応性を兼ね備えた鋼管杭基礎架台を採用しました。また、施工効率をより一層向上させるために、裏止め金具を提案しました。通常は、架台が高いので、パネルの設置がかなり手間をかかります。だが、裏止め金具で固定する場合は、裏面からパネルを固定できますので、わざと一番上までのぼる必要なく、パネルへの損傷もないので、パネルの発電効率に影響を与えないです。それに加え、作業負担も軽減できるし、工事の安全性を向上することができます。     ご周知の通り、日本太陽光発電市場の審査基準がかなり厳しいです。太陽光架台トップメーカーの1つとして、カセングは、技術力や営業力等を強化し、製品と技術改善・開発の強化を通じて、多様化・高度化するお客様のニーズに応えていきます。2023年2月、当社のアルミ材は、JIS規格を取得したことで、日本のソーラーカーポート建築確認申請に対応可能となりました。     カセングはお客様に速やかなサービスを提供できるよう、日本支社と倉庫を設置し、良質な製品とサービスにより、お客様からお喜びの声をたくさん頂きました。2022年まで、日本市場架台累計出荷量は3GW、日本市場成長率7年連続NO.1となりました。   カセングは、今後も「クリーンエネルギーで、よりいい地球環境を作る」をビジョンに、「安全性・信頼性・高効率発電・安心のメンテナンス」太陽光発電所を実現するように注力していき、お客様のために発電所のライフサイクルで最大の価値を得るようサポートします。  
    - Mar 13, 2023
  • Kseng Solar は日本の持続可能な農業をサポートするソーラー ファーム ソリューションを提供しました
    Kseng Solar は日本の持続可能な農業をサポートするソーラー ファーム ソリューションを提供しました
    化石燃料をクリーン エネルギーに置き換える世界的な動きとして、土地に制約のある日本では、代替手段としてアグリボルタが適用されてきました。日本の岩手県に位置するこの太陽光発電所は、農業プロジェクトの 1 つであり、日本で最先端の情報、コンテンツ、およびサービスを提供する最大のプロバイダーの 1 つである日経 BP によって報告されました。 日本は 2050 年までにカーボン ニュートラルを目指していますが、山岳地帯のため、再生可能エネルギーの能力は限られています。Agrivoltaics は、農家が同じ農地で作物を栽培しながら太陽光発電を行うのに役立つ有望な代替手段を提供します。 Kseng Solarが提供する540.21kW の容量を持つソーラー ラック システムは、エネルギーを生成し、500 本の有機ワイン用ブドウを植えるという 2 つの目的を果たします。耐食性の高い 6005-T5 アルミニウム合金をすべて使用したこのシステムは、耐久性のある構造、簡単な設置、およびクライアントの要求に応じた 6 メートルの大スパン設計で広く使用されています。年間発電容量は50.3万kWhで、発電した電力の約9割を売電し、残りを自家消費します。 Kseng Solar は、現地に支店と倉庫を持ち、市場向けに 3GW 以上のソーラー ラックを出荷しており、日本では 7 年連続で最高の年間成長率を維持しています。「クリーン エネルギーで世界に力を与える」という使命を原動力とするKseng Solar は、ますます多様化する地元住民の要求を満たすために、さまざまなシナリオに適した高度で適切なソーラー ソリューションを提供し続けます。
    - Feb 26, 2023
1 2 3

合計 3 ページ

お問い合わせ

お問い合わせ
製品・資料請求などのご相談・お問い合わせにはこちらにお気軽にご利用ください。

ホーム

製品

に連絡をつける